きなこの気になる子ちゃん!
気になる情報を毎日配信♪
気になる情報

2018年高温注意情報はいつまで?暑さ指数を知って熱中症対策!

梅雨が明けたと思えば

一気に猛暑の日が続いていますね。

朝から30度を超える日もあったり、

そして18日には岐阜県で最高気温40度

超えているんです!

これは国内で5年ぶりの記録なんです!

高温注意情報が国内で発令されていて、

命に関わる危険な温度といわれています。

この異常な暑さ、

はたしていつまで続くのでしょうか…

2018年暑さはいつまで続く?

2018年の暑さ、

いったいいつまで続くのでしょうか?

早く冬が来てほしい!と

切実に思うのですが…(笑)

 

昨年の気温から読み取ってみました。

2017年は冷夏といわれていて

平均気温よりも温度が低い夏だったんです。

8月はとくに冷夏といわれていましたが

7月はその逆で平均温度より

かなり高い温度だったそうなんです。

過去の東京の温度を見てみましょう!

7月平均温度:26.8℃

8月平均温度:27.7℃

9月平均温度:24.2℃

となっています。

これらを参考に考えていきましょう。

 

引用元:気象庁

 

この画像は7月14日~8月13日までの

気温予想です。

地図の色を見ているだけでも

かなり暑そうですよね…(笑)

 

確実に8月13日までは猛暑が続くといっても

いいかと思います。

そして一番注意しておくのは

7月17日~一週間の間です。

この期間はかなり気温が

高くなると予想されています。

高温注意情報が出ているくらいなので

しっかり暑さ対策をしていきましょう。

 

この暑さのピークは、

残念ながら9月になっても

収まることはないかと思われます。

というのも昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と

いわれているため9月23日頃から涼しくなると

期待している方も多いと思います。

しかし今年は一味違います。

40%の確率で平均温度より

高くなってしまうんです…

 

毎年9月の気温を見ていくと

右肩上がりになっているんですよね。

なので今年は去年の9月の温度より

高くなることが見込まれます。

  • 暑さのピークは8月中旬~下旬まで
  • 今年は10月になってから涼しくなる!




暑さ指数って何?熱中症対策につかえる!

テレビをつけると

高温注意情報

熱中症」「暑さ指数」など

暑さに関する単語がたくさんでてきます。

その中でも「暑さ指数」を理解していると

熱中症対策につながる行動ができるんです。

 

暑さ指数について調べてみました!

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

引用元:http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

暑さ指数はもともと熱中症対策として

つくられたものなで、知っていると

自分がどれだけ行動できるのかが

はっきりわかるようになります。

引用元:http://cp.glico.jp/powerpro/citric-acid/entry46/

 

こちらが日常生活において

熱中症に注意しておく生活行動の目安です。

 

次に運動に関する暑さ指数をご紹介します。

部活動を行っている学生や

運動を毎日している方

特にチェックしておいてください!

屋内で運動を行う場合でも

暑さ指数を確認して熱中症対策をしてください。

引用元:http://cp.glico.jp/powerpro/citric-acid/entry46/

少しわかりにくいですが

特に注意してほしいのはここです!

 

気温35℃以上暑さ指数31℃以上運動は原則中止特別の場合以外は運動を中止する 特に子供の場合は中止すべき
気温31~35℃暑さ指数28~31℃厳重警戒 (激しい運動は中止)(28~31℃)WBGT28℃以上では、熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。
運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。 体力の低い人、暑さになれていない人は運動中止。

引用元:引用元:http://cp.glico.jp/powerpro/citric-acid/entry46/

気温や暑さ指数をチェックして

この表に当てはまるのであれば

運動を注意する、激しい運動はしない

水分補給はしっかりとる!などの対策を

しっかり行っていきましょう。

熱中症対策のための水分の摂取方法は

一番下の関連記事をご覧ください。




まとめ

今回は2018年の暑さがいつまで続くのか、

暑さのピーク、暑さ指数について

調べてみました!

 

本当に暑い日も続いていて、

子供から大人まで夏バテ気味ですよね…

10月まで涼しくならないなんて

かなりショックなんですが…(笑)

 

室内にいるときも我慢せずエアコンをつけたり

水分は積極的にとったりして

熱中症対策を行っていきましょう!