ガーデニング

ペチュニアの育て方まとめ!切り戻しの方法や増やし方は?

小さめのかわいらしい花をたくさん咲かせてくれる

ペチュニアという花を知っていますか?

 

開花時期も長く、よく寄せ植えにつかわれていたり

フラワーアレンジメントにも使われています。

今回はそんなペチュニアの魅力と

育て方をご紹介していきます!

ペチュニアについて知ろう!

まずは、ペチュニアの特徴や花言葉、

開花時期などについてご紹介します。

ペチュニアの特徴

ペチュニアの特徴について説明します。

ペチュニアは開花時期などから夏の時期の寄せ植え植物として

とても人気のある草花です。

 

ペチュニアは鉢植えや花壇に植え付けるだけでなく

ハンギング栽培にしてもおしゃれです。

垂れ下がるペチュニアはとてもかわいいですよ。

 

また、種類によってはこんもりと大きくなったり

垂れ下がるタイプなどがあります。

自分好みのものを育ててみてくださいね。

 

ペチュニアの花言葉「あなたと一緒なら心が安らぐ」

ペチュニアの花言葉には「あなたと一緒なら心が安らぐ」

「心の安らぎ」というものがあります。

色別にも花言葉がついていますが、

安らぎを感じさせるものが多いです。

 

これはペチュニアの花がたばこの花に似ているため

たばこを吸っているときのきもちを表しているそうです。

なんとなく、納得できる由来ですよね(笑)

 

ペチュニアの開花時期

ペチュニアの開花時期は、意外と長く

3月~11月頃です。

 

寒さには弱いので、冬になると枯れてしまう

1年草なのですが夏の時期に鮮やかな花を沢山見せてくれますよ!

冬にお別れしないといけないのは少し寂しいですね…(笑)

 

ペチュニアの植え付け方法をご紹介

まずはペチュニアの植え付け方法をご紹介します。

植え付けに必要なものは、苗と土です。

順番に説明していきます。

 

土の準備

プランターやハンギングの場合

土を準備しましょう。

花壇の場合は今ある土で問題ありません。

緩効性化成肥料を混ぜ込んでおいてくださいね。

 

プランターやハンギングの場合

おすすめしたいのは草花専用培養土です。

草花専用培養土はすでに肥料は含まれているため

使いやすく面倒な配合も必要ありません。

 

植え付け方法

苗の植え付け時期は、4月から5月になっています。

梅雨に入る前には植え付けをすませておくのがベストですよ。

 

プランターやハンギングの場合、そこに軽石などを入れて

水はけをよくしておいてくださいね。

また、ペチュニアは思っているより大きく育ちます。

苗より1~2周りほど大きなプランターで育てましょう!

 

苗の植え付け方は、苗の大きさより少し大きめに穴をあけた土に

苗を入れて固定させていくだけです。

花壇などに複数植え付けていく場合は

株同士の感覚を20cmほど開けるようにしましょう。

ペチュニアのお手入れ方法

ペチュニアの水やりや肥料についてご紹介します。

水やりの方法

ペチュニアに水やりを行う方法をご紹介します。

基本は土の表面が乾いてから水やりを行います。

 

底から水が流れ出てくれるまでたっぷりあげてくださいね。

土が乾いていない状態で水やりを行ってしまうと

根腐れを起こしてしまう原因になるので注意しましょう。

 

また、ペチュニアは水を与えすぎてしまうと

枯れてしまう恐れがあるので梅雨の時期には

軒下へ移動してあげたり雨をしのげるような工夫をしてください。

 

私は花壇に植え付けていた時

支柱とビニールを使ってプチビニールハウス

作って雨をしのいでいましたよ♪

 

夏の時期はすぐに水が蒸発するので

朝と夕方2回水やりを行うことをおすすめします。

 

肥料の与え方

肥料は花が咲いている時期に与えます。

10日に1度のペース液体肥料を与えてあげましょう!

たくさんの花を咲かせることができますよ。

 

ペチュニアの切り戻し方法と増やし方

次にペチュニアの切り戻し方法と増やし方について

くわしくご紹介します。

切り戻し方法

ペチュニアはそのまま放置して育てていると

なんだか株元がさみしい状態になってきます。

若干ハゲてきている?と思ってしまうほど…(笑)

 

また、茎が四方八方に伸びてしまい

見た目も美しくありません。

そこで定期的な切り戻しをおすすめします。

 

あきらかに伸びすぎている茎を

半分ほどばっさり切っていきましょう。

茎をどんどん切ることで枝分かれしてきます。

そうするとさらにたくさんの花を咲かせてくれますよ。

 

株いっぱいに花を咲かせたい場合は

切り戻しがとても重要です!

こまめに切り戻しを行ってあげてくださいね。

 

増やし方

ペチュニアは種を採取したり、さし芽をすることで

増やすことが可能です。

しかし種は、種を作らない品種の場合増やすことができないので

さし芽で増やすことをおすすめします。

 

さし芽は、3月~9月の間に行います。

新芽をとり、清潔な土を入れたポットに刺すだけです。

半日陰で管理し、土を乾かさないようにしてあげる

苗を作ることができますよ。

 

冬場は室内で管理してあげると

翌年もまたペチュニアを植え付けることができます。

 

ペチュニアは寄せ植えにも人気!

今回はペチュニアについてご紹介しました!

私も以前大きめのプランターに

苗を一つだけ植え付けて育てたことがありますが

本当に茎が伸び、ひとつの苗とは思えないほど大きくなりました!

 

私は切り戻しをしなかったのですが

株元が確かにさみしい感じになってしまったので

次育てる機会があれば切り戻しをしようと思っています(笑)

 

ペチュニアは比較的育てやすく、開花時期も長いため

寄せ植えに向いている草花です。

花壇のレンガに近い場所に植え付けると

うまくいけば垂れ下がってくるようになります。

 

想像するととてもおしゃれですよね!

ぜひ、ペチュニアを育ててみてくださいね。