きなこの気になる子ちゃん!
気になる情報を毎日配信♪
ニュース

日大緊急記者会見の司会は誰?対応の悪さに記者・視聴者がイライラ

2018年5月23日

日大アメフト部の悪質タックルについて

緊急記者会見を日大が行いました。

 

記者会見を見た方なら思ったのではないでしょうか?

「あの司会者は誰?」

「早く終わらせようとしてない?」

 

今回は、日大アメフト部の

緊急記者会見において、

誰が司会を務めていたのか

ご紹介していきます。

 




 

緊急記者会見での司会者は誰?

緊急記者会見での司会者、

実は日大広報部の方なんです。

 

名前:米倉 久邦(よねくら ひさくに)

生年月日:1942年生まれ

学歴:早稲田大学

職業:日大広報部職員

 

ここで、「結局日大の関係者なのかよ!」

と思いますよね(笑)

私も思いました。

 

では、司会者である米倉さんはどのような発言を

行ったのでしょうか?

 

司会者の発言

司会を務める日大関係者が「もうやめてください」「(会見を)打ち切りますよ」「あなた、しつこいんですよ」などとイライラしたように応戦するなど、会見は大荒れの様相となった。

報道陣から「あなたの発言で日大のブランドが落ちるかもしれないんですよ」の言葉が飛ぶと、司会者は「いいえ、落ちません!」と返答する場面もあった。

 

これらの発言には避難殺到ですよね…

なんのための緊急記者会見なのか

まったくわかりません。

 

そしてなぜこんなにも司会者が

上から目線で発言しているのかにも

注目ですよね。(笑)

 

緊急記者会見の内容とは

では緊急記者会見での内容をまとめます。

結果的に内田監督も井上コーチも

悪質タックルの指示は否定してます。

 

さらに

「悪質タックルの瞬間は見ていなかった」

とも発言しています。

 

さらに内田監督は以前

「自分がすべて責任をとる」と言っていましたよね。

 




しかし今回の緊急記者会見では

井上コーチに責任を押し付けたりと

なにやら話が変わってしまっている場面もありました。

 

さらに井上コーチも

「相手の選手がけがをして試合に出られなかったら得」

という発言に対して

「得かどうかは言っていない」と発言しています。

 

今回の緊急記者会見は結局何のために行われたのか

謎が残るばかりです。

結果的には日大側は悪くない!と

否定するために記者会見を開いたようにしか思えませんよね。

 

まとめ

 

宮川選手の誠実な記者会見に対して、

日大の緊急記者会見は何ともひどいのでしょうか。

 

もっと大人が誠実な対応をしてほしいと思いますよね。

どちらにせよ、このタイミングでの

緊急記者会見や司会者の発言など

炎上しそうなことばかり起こっています。