きなこの気になる子ちゃん!
気になる情報を毎日配信♪
豆知識

毛布のずれを防止する超簡単な方法3つ!道具なしでもずれない!

冬の寒い時期になると
掛け布団と毛布を
しっかり一緒にかけて寝たはずなのに、
途中で寒くなってくる…
ということはありませんか?

掛け布団と毛布がずれてしまって
寒くて途中で目が覚めてしまったり
ひどいときには
そのまま風邪をひいてしまうことも。

 

掛け布団と毛布は
なぜ寝てる間にずれてしまうのでしょうか?

ずれる原因や、
ずれないようにする方法について
色々と調べてみました。

毛布がずれる原因は?

そもそもなぜ掛け布団と毛布が
ずれてしまうのでしょうか。

 

人は一晩で、平均して
20~30回寝返りをうつと言われています。

自分はあまり寝返りをうたない、
と思っていても
まったく寝返りをうたない方
というのはかなり稀です。

 

寝返りをうつ理由としては
・血管が圧迫されて血行が滞りやすくなるのを防ぐ
・重力を分散することで腰痛や肩こりを防ぐ
というきちんとした理由があります。

なので寝返りは必要なものではあるのですが、
寝返りをうつともちろん
身体に重なっている布団も一緒に動きますので、
どうしても布団と毛布がずれてしまいます。

 

掛け布団と毛布がずれないようにする
方法はあるのでしょうか?




掛け布団と毛布のずれを防止する3つの方法

それでは早速、寝返りをうっても
掛け布団と毛布がずれないようにする方法を
紹介していきましょう!

意外と簡単なものばかりなので
ぜひ3つともチェックしてみてください♪

掛け布団と毛布の重ねる順番を変える

皆さんは、掛け布団と毛布、
どちらを上にして使っているでしょうか?

一般的に、毛布の上に掛け布団をかけて
使用している方が多いと思います。

 

ですが実はこれ、間違った使い方なんです!

本当は掛け布団の上に毛布をかけた方が
寝ているときにずれにくいんです。

 

一般的な重ね方ですと
毛布の上で掛け布団が滑るため
ずれやすくなってしまいます。

順番を逆にするだけで
ずれにくいだけでなく
掛け布団の温度が逃げにくくなり
よりあたたかく眠ることができるんです!

 

私も数年前から
毛布を上に掛ける方法で寝ています。

寝る前は掛け布団がひんやりしているため
「意味ないんじゃないの?」
と思ったりしましたが
布団に入って掛け布団があたたまってくると
毛布が上にあることで温度が逃げず
実際にとてもあたたかいです。

また、確かに毛布を下にしていたときより
ずれにくく感じます。

 

Twitterでも試されている方が多く
この方法が効果的であることがわかります。

「こんな簡単なことでいいの?」
という感じですが
道具も必要なく今すぐにでも試せるので
ぜひ今夜試してみてくださいね!




布団ずれ防止クリップを使う

布団を重ねる順番を変えてみても
寝相の悪さや、布団の素材などにより
ずれてしまうということであれば
専用のアイテムを使ってみましょう。

布団のずれを防止するクリップ
販売されています。

 

長さの違う3連クリップで
掛け布団、毛布、敷布団を
それぞれ挟むことでずれることを防止します。

ネットでは試した方のレビューが
多数載っていますが
寝返りをたくさんうっていても全然ずれない
とのこと!

使い方も簡単ですし、お値段も手頃ですので
どうしても布団がずれて困っているという方は
一度試してみる価値はあるかと思います。




洗濯バサミやクリップを使う

専用の布団ずれ防止クリップを
使うほどでもない場合や
注文して届くまで待てないという方には
大きめの洗濯バサミやクリップで
布団の四隅を止めることでも代用できます。

 

大きめの洗濯バサミやクリップなら
もし家になくても100均などで
簡単に手に入れることができます。

一度洗濯バサミで試してみて
そのやり方があっていれば
専用のクリップを買うというのも
無駄な出費を抑えられるので
おすすめですよ~!




まとめ

掛け布団と毛布がずれる原因や
ずれを防止する方法をご紹介しました。

意外と簡単にできる方法ばかりですので
ぜひ試していただきたいと思います。

冬本番を迎える前に睡眠時の寒さ対策を
きっちりしておきましょう!