豆知識

菜の花はどこまで食べられる?生でも食べられるの?苦い時の対処法

春の訪れを告げる食材として

代表的なのが菜の花です。

 

菜の花を使った料理としては

おひたしやサラダ、パスタなどが

すぐ浮かんできますね。

 

お店などでは食べているけれど

実際自分で菜の花を使った

料理を作ろうと思うと

扱いに困ることもあります。

 

「どこまで食べられるの?」

「サラダにしたいけど生でも食べられる?」

「苦くて食べられない!」

 

などなど色々な悩みが出てきますよね。

 

今回は、そんな悩みを解決すべく

菜の花について色々と調べてみました。

菜の花はどこまで食べられる?

菜の花は、

アブラナ科アブラナ属の花の総称で

旬は2~3月頃となります。

 

地域によっても違いはあるかと思いますが

スーパーなどではだいたい

11月~4月頃に出回っています。

スーパーで出回っている菜の花は

だいたい蕾、葉、茎がついているものになります。

 

どこまで食べられるかが気になるところですが

基本的には茎まで全部食べられます。

 

蕾や葉の部分はすぐに茹で上がりますが

茎は硬く火が通りにくいため

少し時間をかけて茹でるようにしましょう。

 

ただ、茎が硬くて

手で折ろうとしても難しい部分は

繊維が強くて食べづらいので

必要に応じて取り除いてください。

菜の花を選ぶ時のポイント

  • 蕾がしまっていて花が開いていない
  • 茎の切り口が瑞々しい
  • 茎の内側が鮮やかな緑色のもの

※茎の内側が白っぽくなっているものは、鮮度が落ちているので選ばないようにしましょう!


菜の花は生でも食べられるの?

おひたしや和え物などに

よく使われる菜の花ですが、

生でも食べられるのでしょうか?

 

調べてみたところ、

生で食べられないことはないですが

調理して食べたほうがおいしい

という意見が多いです。

 

菜の花と同じアブラナ科の野菜でいうと

ブロッコリーがありますが、

ブロッコリーを

生で食べる人はなかなか少ないですよね。

 

菜の花を生で食べた人の感想を見てみると

エグみや苦味がきつく感じたり

生々しい味がするというものがありました。

 

ただ、品種によっては生でおいしく

食べられるものもあるようです。

 

もしくは、

野菜ジュースやスムージーにして

生で摂取するという方法もあります。


菜の花が苦い時の対処法は?

菜の花の苦味が好きだという方は多いですが

逆に、その苦味が苦手で食べられない

という声もあります。

 

苦味を抑えて食べられるようにする

方法を2つご紹介します!

菜の花の苦味を抑える茹で方

沸騰したお湯に

塩小さじ1杯と重曹を少々加えて茹で、

その後水でよくさらすと

苦味やエグみを抑えることができます。

 

重曹がない場合は

からしやマスタードでも代用できます。

菜の花の苦味を抑える調味料

もう既に茹でてしまっており

苦くて食べ進めることが難しい…

という場合は、

菜の花をマヨネーズとごまで和えたり

ごま油とオイスターソース、塩コショウ

炒めたりすると苦味がマイルドになります。

 

それでもどうしても苦いという場合は

細かく刻んで

他の食材を加えてかき揚げにすると

おいしく食べられる人が多いですよ!


まとめ

スーパーに並んでいるのを見ると

一気に春を感じる菜の花の食べ方について

色々と調べてみました。

 

出回る時期が少ないですが

栄養満点な食材ですので

苦いから苦手…と思っていた方も

ぜひ菜の花を使った料理に

チャレンジしてみてくださいね!

菜の花がくしゃみ臭い!匂いの原因は?毒が入っているってホント?まだまだ寒い日も続きますが 2月の寒い時期を乗り越えると 徐々に春が近づいてきます。 春に咲く花はたくさん挙げ...