豆知識

酒粕の1日の摂取量はどのくらいが効果的?食べ過ぎるとどうなる?

スーパーなどでも気軽に手に入る酒粕。

酒粕は美容と健康に良いという

イメージがなんとなくある方も多いと思いますが

実際、酒粕の栄養や成分は

どれほどのものなのかご存知でしょうか?

 

また、1日の摂取量や

食べ過ぎた場合どうなるかなど

情報を集めてみました。

酒粕の栄養や成分は?

酒粕とは、日本酒などを作るときにできる

絞りカスのようなものです。

 

酒粕は私も小さな頃から

甘酒や粕汁などで味わうことがありました。

栄養があるから」と親からも言われていましたね。

 

ただ、やっぱりお酒くさいというか

独特の風味がありますので

子供心に「食べられなくはないけど

あまりおいしいとは思わないな」と

感じていました(笑)

 

大人になって口にする頻度は減りましたが

酒粕は美容と健康に良いということで

再注目され、ブームになっています。

 

あまり口にしたことのないものでも

美容や健康に良いと言われると

つい気になってしまいますよね><

 

まずは酒粕の栄養や成分について調べてみました。

酒粕には、主に以下の栄養分が含まれています。

・たんぱく質

・炭水化物

・食物繊維

・ビタミンB群

・ミネラル

・アミノ酸

・ペプチド

・酵母菌由来のβ‐グルカン

・葉酸

特に食物繊維が多く含まれており

女性のみなさんには嬉しい便秘解消効果や

美肌効果が期待できます。

 

酵母菌由来のβ‐グルカンは

あまり聞き馴染みがない栄養分かもしれませんが

免疫力の強化や、コレステロールを下げる働きがあります。

 

酒粕が美容や健康に良いとは昔から言われていましたが

最近では、酒粕に含まれるペプチドが

血圧の上昇を抑える効果が期待できることもわかってきました。

 

つまり、美容に気を遣う女性だけでなく

ぜひ家族全員で摂取していただきたいです。


酒粕の1日の摂取量はどのくらいが効果的?

酒粕に高い栄養があることがわかりましたが

1日にだいたいどれくらい摂取すれば良いのでしょうか?

 

純粋な酒粕の量だけで言うと

1日にだいたい50g、多くても100g程度が

摂取量の目安とされています。

 

市販の酒粕を使った甘酒であれば水で薄まっていますので

1日1本(約100ml~200ml)であれば問題ありません。

 

基本的には料理に使ったり、甘酒として

味わう方が多いと思いますが

中にはそのまま食べるという方もいます。

 

そのまま食べる方はぜひ

1日だいたい50gという数値を

覚えておいてくださいね。


酒粕を食べ過ぎるとどうなる?

美容や健康に良いものなら

早く効果を出すためにもたくさん食べたい!

と思う気持ちもわからなくはありません。

 

しかし、いくら身体に良くても

酒粕に限らず食べ過ぎるのは

逆に身体に良くない効果をもたらします。

 

まず、酒粕のカロリーですが

100gあたり約227kcalとなっており

酒粕を1日に200g~300gほど食べると

すぐにカロリーオーバーしてしまいます。

 

酒粕に含まれる植物性たんぱく質は

肉や魚などの動物性たんぱく質と比べると

カロリーや脂質が控えめなため

適切な量であればダイエット効果が見込めますが

カロリーオーバーしてしまったら意味がありませんので

気をつけるようにしましょう。

 

また、酒粕は日本酒などの絞りカスですので

アルコール分を約8%含んでいます。

 

つまり、食べ過ぎるとお酒に酔った状態になり

特に料理等に使用せずそのまま食べる場合は

酔いやすいため注意が必要です。


まとめ

美容や健康に良いと言われる酒粕について

栄養や成分、1日の摂取量などをまとめてみました。

 

食物繊維が多く含まれており

料理などにも使いやすいというのは

やはり女性からすると嬉しいですよね。

 

カロリーオーバーには気をつけて

上手に酒粕を摂取しましょう♪