豆知識

日焼け止めを塗りすぎるとビタミン不足になる?正しい落とし方は?

白いお肌の敵であり、シミやそばかすの原因にもなる紫外線。

その対策のために日焼け止めは必須アイテムですよね!

 

日焼け止めは化粧品に分類されるため

例えば去年買った日焼け止めは

1年経って使用期限が切れているので

今年は使わないほうが良いだとかはよく聞く話です。

 

そのため、夏以外にも化粧下地として毎日使っていたり

リゾート地への旅行のために効果が強い日焼け止めを

買ったはいいものの数日しか使わないので

たっぷり塗った…ということはありませんか?

 

日焼け止めは正しく使えば紫外線からお肌を守ってくれますが

使い方によっては肌に悪い影響があったり

日焼け止めを塗っても日焼けしてしまうこともあります。

そんな注意点について調べてみました。

日焼け止めを塗りすぎるとビタミン不足になる?

美容と健康に必要となる「ビタミン」。

 

ビタミンA、B、Cはよく聞くビタミンであり

どんな効果があったりするかもなんとなくわかりますが

日焼け止めを塗りすぎると「ビタミンD」が

不足してしまう原因となります。

 

なぜ不足してしまうかというと

ビタミンCなどは人間が体内で作ることができませんが

ビタミンDについては日光浴することにより

皮膚にある成分から合成することができます。

 

ですが、日焼け止めを一年中、

朝からたっぷり塗って昼には塗り直して…

という生活を続けていると

日光浴をすることができずに

ビタミンDが不足しがちな状態となります。

 

実際、20代の女性が週3回以上日焼け止めを使った場合

血中のビタミンDの濃度が常に欠乏していたという

結果があったり、最近は子供が小さいうちから

しっかり紫外線対策をしている親御さんも多いので

ビタミンD欠乏症と診断された15歳以下の子供の割合も

年々増え続けていることがわかっています。

 

ビタミンDは日光浴の他に

食べ物からでも取ることができますが

主に魚類や乾燥したきのこ類に多く含まれています。

 

鮭やしらす干し、乾燥きくらげなどで

摂取するのがおすすめなのですが

子供はあまり好きではなさそうな食材ですので

ビタミンD欠乏症と診断される子供が多いのも頷けます。

 

なお、ビタミンD欠乏症になると骨の量が減り

骨軟化症や骨粗しょう症を起こしやすくなったり

子供の場合は成長障害が起きる場合もあります。

 

つまり、お肌のために日焼け止めを

塗ることは大事ですが、

過度に塗りすぎると逆に身体に

悪影響を及ぼす可能性がありますので

注意が必要です。


日焼け止めを塗りすぎても日に焼ける?

日焼け止めをたっぷり塗ったり

こまめに塗り直しているのに

日に焼けてしまうということはありませんか?

その場合、以下の原因が考えられます。

塗るタイミングが良くない

日焼け止めが肌に浸透して保護バリアが形成されるには

約30分かかります。

 

つまり、塗ってすぐに日差しが強いところに行けば

焼けてしまう可能性が高くなります。

 

また、日焼け止めを塗ってすぐに服を着ると

服に擦れて日焼け止めが落ちてしまい

そのあと服を脱いだらまだらに焼けてしまう

なんてこともありえます。

SPFが弱い

普段は化粧下地としてSPF20の日焼け止めを使っているけれど

日焼け止めなんだからこれを塗って海に行っても

そこまで焼けないよね…と思っている方もいるかもしれませんが

日焼けをきちんと防ぐためには紫外線を浴びる状況に

適したSPFの日焼け止めを使わなければ意味がありません。

 

一般的に、炎天下でのレジャーや

リゾート地でのマリンスポーツなどの場合には

SPF30~50がないとしっかりと日焼けを防ぐことはできません。

 

さらに紫外線が強い場所の場合には

SPF50以上の日焼け止めが必要となります。


日焼け止めの正しい落とし方は?

日焼け止めを塗っている間

日焼けから肌は守られていますが

肌は日焼け止めの刺激を受けていることになります。

 

理想は、家に帰ってからすぐ

日焼け止めを落としましょう。

 

落とし方については

SPFの低い日焼け止めであれば

洗顔フォームで洗うだけでも問題ありません。

 

「クレンジング不要」、「洗顔で落とせる」

と書いてある日焼け止めもありますが

SPFが高い日焼け止めの場合は

洗顔の種類などによっては

日焼け止めが残ってしまう場合があるので

クレンジングオイルを使って

しっかり落とすのがおすすめです。


まとめ

日焼け止めを塗りすぎると

ビタミンDが不足してしまうのは

特に子供にしっかり紫外線対策している場合は

気をつけなければいけないと感じました。

 

日焼け止めの落とし方については

顔はしっかりクレンジングで落としますが

身体に日焼け止めを塗った場合は

ボディソープだけで済ませてしまうことが多いので

今後しっかりクレンジングしようと思います!