きなこの気になる子ちゃん!
気になる情報を毎日配信♪
ニュース

18歳で成人になると何がかわる?いつから適用なの?狙いは何?

2018年6月13日、午後の国会で

成人年齢を20歳から18歳に変更になりました!

 

成人年齢が変わったことによって

私たちの生活の何が変わってくるのでしょうか?

くわしく調べてみました!

成人年齢18歳になるのはいつから?

成人年齢が18歳になるのはいつからなのでしょうか?

 

現在発表している内容では

周知期間を含めて2022年4月からになるようです。

 

結構先の話でしたね。

ですがしっかり知っておかなければ

困るような内容のものもありましたよ!

 

順番に説明してきます。

成人年齢18歳になってできること

まず、成人年齢18歳になることで

私たちの生活は何が変わるのかご紹介します。

 

変化①高額商品が買える

引き下げによってクレジットカード、ローン契約などが

保護者なしで行うことが可能になります。

 

ということは、車もかうことができますね!

20 歳まで待たなくてもよくなったのは

嬉しいですよね。

 

ただし、これからは自己判断での購入になります。

しっかりローンを返せるのか、

騙されていないかなどは親に相談したほうが

よさそうですね!

 

やはり何を言っても18歳ですからね…(笑)

お金関係は騙されないように注意しなくてはいけません。

 

変化②結婚年齢がかわる

現在、女性は16歳から

男性は18歳から結婚できていましたよね。

 

それがこれからは男女とも18歳から結婚にかわりました。

これに関しては「なぜ女性だけ年齢が低いのか」という

疑問があったので男女一緒にしてくれると

なんとなく納得です(笑)

 

変化③性同一性障害の方の性別変更請求ができる

これまで性別変更を行う条件は

1:20歳以上

2:二人以上の医師により,性同一性障害であることが診断されていること

3:婚姻をしていないこと

4:未成年の子がいないこと

5:生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること

6:他の性別の性器の部分に近似する外観を備えていること

 

というのが条件でした。

これが今回からは18歳から申請できるようになりました!

これは本当に素晴らしいですね♪

悩んでいる方からすれば20歳までがとても長いですからね!

 

変化④医師や司法書士などの資格が取れる

こちらも20歳まで待たずに

18歳から資格所得することが可能になりました!

 

他にも引き下げになった専門資格があります。

  • 公認会計士
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 社会保険労務士
  • 医師

になります!

ただし医師の資格を取るには

大学で6年間学ぶ必要があるので

現実的には不可能なような感じですね!

 

変化⑤10年パスポート取得可能に!

パスポートには5年と10年がありますよね。

今までであれば20歳以上のかたのみ

5年と10年選ぶことが可能でした。

 

しかし今回からは18歳から10年パスポートを

取得可能になります♪

パスポートをとる目的によって

変更することが可能になりましたね。




成人年齢18歳、変化しないことは?

成人年齢が18歳になったことによって

変化しないこともあります。

 

  • 喫煙・飲酒
  • 馬券などのギャンブル
  • 国民年金保険料の納付義務
  • 養子をとる
  • 児童養護施設の入所年齢(こちらは18歳のまま)

 

これらが変化しない内容になります。

 

検討中の内容とは?

実はこの成人年齢18歳に引き下げについて

まだ検討中のものがあります。

 

それが少年法ですね。

現在は20歳未満が少年法適用でした。

これから18歳未満に変更するのか

検討中だそうです。

 

成人年齢引き下げに伴い、

変更しない部分も意外と多いという印象を持ちました。

 

周知期間の間にしっかり定まってくるのかな?と思います。




成人年齢18歳に引き下げた狙いは?

成人年齢18歳に引き下げた狙いとしては

少子高齢化が進む中で

若者を社会のなかへどんどん招いていきたい

というのが狙いのようです。

 

たしかに、高校卒業後に

できることが増えると嬉しいですよね!

社会人になるのに未成年というのは

少し矛盾を感じていました。

 

ですがまだ高校卒業したばかり、

まわりのサポートも必要です。

このサポート面がしっかり定まっているのであれば

成人年齢18歳に引き下げは素晴らしいかと感じました!