きなこの気になる子ちゃん!
気になる情報を毎日配信♪
気になる情報

絶対に日焼けしたくない!夏も美白美人でいるための方法をご紹介!

日焼けすると肌が真っ黒になってしまうだけでなく

女性の大敵であるシミの原因にもなってしまうんです。

シミができてしまうと治すのに時間がかかりますし、

やはりきれいな肌とは言い切れませんよね。

 

ですが毎年日焼け止めをしっかり塗っていても

焼けてしまうと思いませんか?

帽子をかぶったりこまめに日焼け止めを塗っても焼けてしまう方、

もしかすると間違えた日焼け対策

行ってしまっている可能性があります。

 

私たちが考えているほど紫外線は甘くないんです!

今回は絶対焼かない日焼け対策をご紹介します。

 

[:contents]

 

☞日焼け対策の正しい時期とは

f:id:kinaco-0503:20180505162212j:plain

日焼け止めは1年中使うのが基本です。

夏だけ使っていませんでしたか?

紫外線は1年中私たちの体に降り注いでしまいますよ…

 

夏は紫外線が強くなるので

日焼け止めをしっかり塗る方が多いのですが

冬になると塗らなくなる人が多いです。

 

私もそうなのですが、冬が終わり春ごろになって気づくんです。

「なんか右腕だけ黒くない??」

そうです。車の運転をするのでよく日が当たる右腕だけ

真っ黒に焼けてしまうんです…

 

冬でもしっかり紫外線は降り注いでいます。

まずは1年中日焼け止めを塗りましょう。

 

特に紫外線が強くなる時期は5月なんです!

一番過ごしやすい時期ともいえる5月が

実は紫外線が多いなんて驚きですよね。

紫外線対策を本格的に行うのは

5月~8月にしましょう。

 

☞日焼け止めの正しい塗り方を覚えよう!

日焼け止めの正しい塗り方って知っていますか?

私もこの正しい塗り方を知るまで

日焼け止めを適当に肌に伸ばしていました。

 

しかし絶対焼かないためには

正しい日焼け止めの塗り方で塗ることが大切です。

 

では正しい日焼け止めの塗り方をご紹介します。

 

☝日焼け止めは重ね塗りが基本

日焼け止めを顔に塗るとき、薄くのばすことが多いですよね。

実はこれ、間違った塗り方なんです!

 

日焼け止めを顔全体にきれいに伸ばしていくのは正しいのですが

そこからさらに日焼けしたくない場所に重ね塗りしていきます。

特に注意して塗っていきたい場所は

鼻の頭やおでこ、頬です

 

鼻の頭は顔のパーツの中で飛び出ていますよね。

飛び出ているということは日焼けしやすいということです。

おでこは面積が広く、頬はシミができやすいパーツになります。

 

紫外線の影響を受けたくない場所は

日焼け止めを重ね塗りしていきましょう。

 

☝4時間おきに塗り直しが必要!

 

日焼け止めの効果をしっかり時間するためには、

4時間おきの塗り直しが必要です。

 

私は「日焼け止めの上から

日焼け止め効果のある化粧下地や

ファンデーションを塗っているから塗り直しは必要ない」

と思っていました。

 

しかし、この重ね塗りはNGなんです。

日焼け止め効果がある化粧品をいくら肌に重ねたとしても

効果が倍になったり持続時間が伸びるわけではありません。

 

また、数値の高い日焼け止めを塗っているから

塗り直しが必要ないと思っている方も間違いです。

数値が高くても日焼け止め効果は変わりませんし

塗り直しも必要ですよ。

 

日焼け止めは4時間おきに塗りなおすことを意識しましょう。

 

☞肌を露出しないで!日焼け止めだけでは焼けてしまう

 

日焼け止めをいくら塗っていたとしても

肌を露出して紫外線の下を歩いていると日焼けしてしまいます。

 

日焼け止めを塗るほかに、

紫外線を直接肌にあてないことが大切なんです。

夏は薄手のUV効果が期待できる黒色のパーカーを羽織ったり

サングラスをかけて運転することも日焼け対策になります。

 

「サングラスも日焼け対策になるの?」と思いますよね!

実は目に紫外線が入ってしまうことで

脳が勘違いして日焼けの原因であるメラニンを排出してしまいます。

 

そこで紫外線対策ばっちりなおすすめの服装は

黒いUV効果のあるパーカーに日傘、サングラスですね。

そうですね、怪しいですよね(笑)

UV効果のあるパーカーと日傘だけでも全然違うので

ぜひ、まねしてみてください。

 

☞美白化粧水を使うことが重要

美白化粧水を使うと肌が白くなる!と思っていませんか?

実は肌は白くなるんですが、白くならないんです。

 

え、どうゆうこと?って思いますよね。

私も思いました。(笑)

 

「美白化粧水は肌を白くしてくれる」と思っている方、

ちょっと考え方が違います。

美白化粧水は元の肌の色以上に

肌を白くしてくれるということはありません。

 

美白化粧水の効果は、

  • 日焼けした肌を元の肌色にしてくれる
  • シミやそばかすを目立たなくしてくれる
  • ニキビ跡のケアをしてくれる
  • 毛穴ケアをしてくれる
  • 肌のきめを整えてくれることで肌を明るく見せてくれる

この5つの効果があります。

 

美白化粧水を使うことで肌を元の肌より白くしたり

短時間で肌を白くしてくれるということはありません

 

ですが、日焼けした肌を元の肌色にしてくれるのは

魅力的ですよね。

美白化粧水を日常的に使用するのは

日焼け対策としておすすめですよ。

 

☝美白化粧水の選び方

 

美白化粧水の選び方をご紹介します。

美白化粧水を選ぶポイントと検索してみると

「○○という成分が入っているものを選ぼう!」

「○○と○○は絶対必要!」などのような

カタカナで絶対覚えられないような成分ばかり記載されていますよね。

 

そこで美白化粧水を選ぶときのコツと

比較的覚えやすい成分を紹介します。

 

美白化粧水を選ぶときは

「薬用化粧品・医療部外品」を記載されているものを選んでください。

「薬用化粧品・医療部外品」というのは

国が美白成分として認めた成分が一定量しっかり入っているということなんです。

 

これならパッケージを確認するだけで選ぶことができますよね!

あと、覚えておきたい成分は

「ビタミンC誘導体」です。

 

「ビタミンC」ではなく、

「ビタミンC誘導体」というのがポイントですよ。

ビタミンC誘導体は、肌に吸収されにくいビタミンCを

吸収されやすいものに変えたものです。

肌にハリを与えてくれたり、ニキビ対策にもなります。

 

この2つのポイントはしっかり覚えておいてくださいね。

 

☞1年中美白美人でいよう

夏でも冬でも肌が真っ白で透明感のある女性って

素敵で目が行きますよね。

 

美白美人になるためには、

毎日地道な努力が必要です。

今すぐに白くなるわけではないので

あきらめてしまう人もいるかと思います。

 

ですが1年後、2年後を想像してみましょう。

きっと肌が白く透明感あふれる女性になっていること

間違いありませんよ。

 

まずは日焼け止めを1年中塗ることから始めてみましょう!